東京都マンション管理士会杉並支部

杉並支部のご案内

民泊事業における標準管理規約改正に伴う管理組合の対応について

住宅宿泊事業法が平成30年6月15日から全面施行されるのに伴い、今後、分譲マンションにおいても住宅事業(いわゆる民泊)が実施され得ることになります。

分譲マンションにおける住宅宿泊事業をめぐるトラブル防止のためには、住宅宿泊事業を許容するか否かについて、あらかじめマンション管理組合において、区分所有者間で十分な議論を行い、その結果を踏まえて、住宅宿泊事業を許容するか否かを管理規約上明確化しておくことが望ましいとされています。

このため、国土交通省では、マンション標準管理規約を改正し、住宅宿泊事業を可能とする場合と禁止する場合の双方の規定例を提示するに至りました。

国土交通省ホームページ参考資料

改正の概要(PDF形式)|マンション標準管理規約(単棟型)及び同コメント(民泊関係改正)(PDF形式)

次の項で管理組合として行うべき事、私達からのアドバイスをまとめました。

民泊事業に関して管理組合のみなさまにご認識していただきたいこと

1・管理規約において、住宅宿泊事業を許容するか否かについて、トラブル防止のために も明確化しておくことが重要です。

2・改正手続きが住宅宿泊事業法施行(平成30年6月15日施行)までに間に合わない 場合は、少なくとも総会あるいは理事会において、住宅宿泊事業を許容するか否かの方針を決議しておくことが重要です。管理規約等で住宅宿泊事業が禁止されていない場合で、かつ、理事会・総会で住宅宿泊事業を禁止する方針の決議がなされていない場合には、届出は受理されます。

3・平成30年3月15日からは、住宅宿泊事業の届出が開始されるので、それまでに管理組合として上記のいずれかの決議を行うべく、速やかに検討を始めることが重要です。

東京都マンション管理士会杉並支部ではご相談随時承っております。下記のお問い合わせフォームよりお気軽にメッセージをお寄せください。

東京都マンション管理士会杉並支部・組織・役員

役職 名前 資格等
支部長 松﨑 敏光 マンション管理士・行政書士等 ホームページ
副支部長 沢向 成史 マンション管理士等
事務局長 金子 英明 マンション管理士・行政書士
監 事 小川 雅愛 マンション管理士等

東京都マンション管理士会杉並支部について

ご 挨 拶

東京都マンション管理士会杉並支部は、平成27年11月に設置された新しい団体です。 我々は、(一社)日本マンション管理士会連合会の一定の規範の下に都道府県に一つの単位で再編し、 高いレベルで平準化された国家資格者の団体となることを目指す「組織整備・再編の実施」に賛同し、 東京都内の6以上のマンション管理士会が、自らの既存会を解散して新たに1つの会として(一社) 東京都マンション管理士会を設立しました。 その上で、国土交通省は日本マンション管理士会連合会が、東京都は東京都マンション管理士会が、 杉並区は当支部が窓口になり、行政の信用力や広報力をお借りしながら事業を推し進め、目的達成を 図るために杉並支部を設置いたしました。杉並支部は、区内の既存のマンション管理士会に比べ、後発の団体ではありますが、会員一同一丸と なってセミナー・相談会開催等の活動を通して、一日でも早く管理組合の皆様方に認知・信頼される団体となるよう全力で努力してまいりますので、何卒、よろしくお願い申し上げます。

東京都マンション管理士会

杉並支部長  松﨑 敏光

支部の目的

当支部は地域に密着した活動を目的とし、以下の事業を行っています。

1.会員の業務活動の協力・支援

2.管理組合等への広報活動

3.地方公共団体、関係団体との連携および協力

4.管理組合に対する顧問業務等のための会員の紹介および斡旋

5.行政機関、関係団体等が開催する相談会、セミナー、交流会等への会員の派遣

6.会員相互の情報交換会、研究会の開催

7.地域内のマンションおよびその管理に関する調査

8.その他前各号に関連する事業

ご相談は随時承っております。

マンション管理士は第三者の立場に立ち、中立性をもって管理組合様のサポートを行います。

東京都マンション管理士会杉並支部ではコンサルタント経験豊富なマンション管理士が在籍してます。 マンション管理に関する無料相談を随時承っております。お気軽にメールでお問い合わせ下さい。

» お問い合わせメールフォームはこちら

よくある質問

東京都マンション管理士会のご説明、杉並支部の設立目的

» 詳細を確認する